子育て中の「肌荒れ」注意したいポイントは3つ!

【ポイント1】紫外線に注意しよう!

子育て中のママさんはどうしても外に出て紫外線を浴びる率が高くなります。元気に外遊びする子どもにつきあって、午前中いっぱいは公園にいたり、お買い物ついでに散歩につきあうなど、常に紫外線にさらされています。

紫外線を浴びる、即「肌に悪い」というわけではありませんが、メラニン色素を増やしすぎない為にも防御策は取りたいですね。帽子をかぶるなどの対策と共に、UV効果のある化粧品を取り入れましょう。

【ポイント2】続けることができる「簡単なスキンケア」を選ぶ

美肌をめざすこと、肌荒れを防ぐことは「1日にしてならず」です。どんなに高価なエステに行っても、その1度きりならば美肌の効果は長持ちしません。それよりも大切なのは、継続して毎日お手入れを行うこと。とはいえ子育て中はそうそう時間も取れません。なるべく簡単でシンプルなスキンケアの方法を選びましょう。化粧水と保湿ローション系の2ステップ程度か、あるいはオールインワンタイプのスキンケアが簡単です。
簡単なスキンケア方法を選べば、毎日のお手入れも長続きするのではないでしょうか。

【ポイント3】子育て中のストレスは上手に発散して!

スキンケアが外側からの「肌のお手入れ」だとすれば、ストレスを解消するのは体の内側、心の内側から「健康な肌」を手に入れる方法です。子育て中のお母さんの肌荒れは、実はストレスが原因ということも珍しくありません。
小さい子どもを育てていれば、どうしても不満や不安からストレスが溜まるものです。どんな事でもいいので、例えば好きな音楽を聴く、趣味にはまる、週末に1時間程度でも夫に子どもを任せて自分の時間を作る、リフレッシュできる時間を持ちましょう。

【ポイント4】ストレスに強いビタミンを補って!

ストレスはビタミン不足を引き起こし、肌荒れを起こします。そこでビタミンが豊富なフルーツや野菜を取りたいのですが、正直な話子育てで手がいっぱいというのが現実。かといってサプリメントは過剰摂取になるしあまり体に良くないと聞いたことがないでしょうか?

特にマルチビタミンは女性が好んで買う商品なのですが、これが結構慢性的にビタミン過剰なことが目立つんです。いくら肌にいいと言ってもとり過ぎては本末転倒。

そんな女性にバランスよくストレス肌に対抗できるビタミンが葉酸です。葉酸は妊娠時期にだけ注目されているようですが、実は産後のお肌にもとってもいいビタミンなんです。特に女性は必要。東尾理子さんも高齢出産の割に肌がちゃんとしているのは、この葉酸をずっと妊娠期から飲んでいるみたいですよ。

食品から取るのが一番自然ですが、どうしても無理っぽいならサプリメントもありですね。

プレママに!葉酸が多い食品

美味しい食べ方も載っているので、野菜嫌いな人もチャレンジ!